山形県鶴岡中央高等学校

本間 実花さん(山形県鶴岡中央高等学校 学校司書)

学校の中心に位置する学習センターは「知の発着所」

 山形県立鶴岡中央高等学校は、一九九八年に県立鶴岡家政高等学校と県立鶴岡西高等学校の統合で設立された創立23年目の田川地区(山形県日本海側庄内南部)最大規模の高校です。

 本校では、「図書館」ではなく「学習センター」(略称「学セン」)と呼びます。様々な知識・情報が集まる場所であり、全ての校舎につながる本校の中心に位置しているからです。生徒や教職員が、移動するために通る場所でもあります。

 本校には普通科と総合学科の二学科があり、総合学科は、美術・デザイン系列、社会福祉(国家・福祉)系列、情報ビジネス系列、家政科学(食物・被服・保育)系列からなります。このため、学習センターには、福祉関連の本、美術書、絵本や紙芝居、料理雑誌などが揃っています。

館内サインのデザイン

 二〇一九年度、美術・デザイン系列3年次のビジュアルデザインⅡ選択生が、「本を探しやすい学習センター」をテーマに館内サインをデザインしました。「殺風景」「表示が見づらい」などの問題を解決するため、生徒全体で考えてグループで話し合い、「学習センターが『知の発着所』である」ということからコンセプトを「知の駅」とし、それに沿ったデザインを検討しました。

 館内サインと合わせてカウンターの後ろに掲示する見取り図も作成しました。本を探す生徒たちの手助けとなると同時に、館内がカラフルで明るくなり、大変好評です。

新書110

 「鶴岡中央生に読んで欲しい新書110」として、各教科推薦の親書を紹介する冊子を作成しています。二〇一五年に発行し、一度内容を見直しました。掲載された新書をまとめたコーナーや新書を分類別に並べた棚があり、小論文や探究の授業にも活用されています。

藤沢周平

 鶴岡市は、作家・藤沢周平の出身地であり、その著作も学センには揃っています。

 3年次の国語の選択授業では、藤沢周平の本を借りて読み、紹介する新聞を作成し、学セン前通路に掲示します。また、書道部員が本を読んで抱いたイメージを書で表現した題名の色紙も展示されます。

 コロナ禍でも学校生活を明るくしようと、学習センター委員会の生徒達は、要望で昼の校内放送を増やしました。またシトラスリボンプロジェクトに参加し、貸し出し時に手作りのシトラスリボンを渡しました。これらを今年度も継続します。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧