野鳥と私たちの生活 第5回 カッコウの新たな宿主 オナガ

尾の長いスマートな鳥

 オナガ(尾長)は、体長の半分以上が尾で、体の上面が水色をした上品な姿をした鳥です(写真上)。しかし、声を聞くとがっかりするほど声は良くない鳥です。本州中部から東北にかけての東日本に留鳥として生息し、1970年代までは九州北部から本州に広く生息していました。それが1980年代以降、西日本では見られなくなった鳥です。

 昆虫、果実、種子を餌とする雑食性の鳥で、ほぼ年間を通して群れで生活しています。私がこの鳥とかかわりを持ったのは、カッコウの研究からでした。

カッコウによるオナガへの托卵開始

 カワラヒワの研究の後に私が次の研究テーマとしたのがカッコウの托卵研究でした。この鳥は自分では子供を育てず、他の鳥に育てさせる托卵という習性を持つ鳥です。托卵という巧妙なずる賢い繁殖の仕方がなぜ進化しえたのかに興味を持ったからです。以来、30歳から50歳代半ばまで25年間にわたりカッコウの研究に従事しました。

 1985年から長野市郊外の千曲川でカッコウの研究を開始し驚いたことは、オナガへのカッコウの托卵の急速な広まりでした。当時、オナガの巣の半分以上がカッコウに托卵されていたのです。全国的にみてもオナガへのカッコウの托卵が始まったのは、今から65年ほど前の1956年のことです。私が子供の頃千曲川にカッコウはいませんでした。その頃、カッコウは標高900m以上の高原に棲む鳥であったのに対し、オナガは平地に棲む鳥で、両者の分布は重なっていませんでした。その後、オナガは平地から高原へ、逆にカッコウは高原から平地に分布を広げたのです。その結果、両者の分布が重なり、長野県で1974年に最初のオナガへの托卵が見つかりました。その後、千曲川などの平地にも急速に広まり、1980年代の終わりにはオナガの分布域全域にカッコウの托卵が広がったのです。

 これほど急速にオナガへの托卵が広まったのは、オナガが托卵に対する対抗手段を持っていなかったからです。その結果、オナガに托卵するカッコウの数が急増し、一つの巣に多数のカッコウが托卵する異常事態となったのです。

 オナガへの托卵が始まって以後、各地でオナガの数が減少しました。その一例が長野市郊外の川中島です。ここでは、托卵が始まる前の1986年には259羽のオナガが生息していたのですが、托卵が本格的に始まっていた1988年には77羽に減少しました。また、地域によってはカッコウの托卵が始まって以後、オナガがいなくなった地域もありました。

オナガによる反撃

 最初、カッコウに一方的に托卵されていたオナガは、その後反撃に出たのです。調査を開始した当初、千曲川で托卵されたカッコウ卵の8割はオナガに受け入れられていたのですが、その割合はその後次第に減少し、10年後には3割ほどになりました。カッコウの托卵に気づき、巣を放棄する個体やカッコウ卵を巣から取り除く個体が増加したのです。

 長野県内で当時、オナガへの托卵歴が最も古かったのが安曇野(開始から約20年)、最も新しかったのが野辺山(開始から10年)、その中間が長野市郊外の千曲川でした。これら3地域で、オナガの卵識別能力を比較してみました。各地域のオナガの巣にカッコウ卵に似せた人工の擬卵を入れ、その卵がオナガに受け入れられるか、排斥されるかを実験したのです。結果は、托卵歴の古い地域のオナガほど卵識別能力が高く、新しいほど低いという結果でした。また、オナガの巣の前にカッコウの剥製を置き、オナガがどの程度剥製に攻撃するかを3地域で比較しました。その結果も、托卵歴の古い地域ほど攻撃性が高く、新しい地域では低いという結果でした。

 これらの事実から、托卵が始まってから10年ほどで、オナガはカッコウに対する攻撃性や卵識別能力を身に着け、カッコウの托卵に対する対抗手段を確立していたのです。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧