野鳥と私たちの生活 第6回 里山の豊かさの指標 サシバ

里山の水田環境で栄える

 長野県の里山では、雪解けが始まる4月頃から冬眠から覚めたヤマアカガエル、シュレーゲルアオガエル、トウキョウダルマガエル等のカエル類が水辺に集まって産卵を始めます。水田に水が張られ、代掻きが行われる5月初め頃には、昼も夜もこれらのカエルの合唱がうるさいほどに聞かれる時期を迎えます。この頃にサシバが捕えていた餌の多くは、水田のカエル類でした。

 稲作が本格的に始まった弥生時代以後、日本の水田環境に適応した動物の代表がこれらのカエル類、さらにはフナ、ナマズ、ドジョウなどの魚類、ゲンジボタルなどのホタル類などです。これらの森の環境から抜け出し、開けた環境に適応した様々な小型の動物を餌とし、里山環境の生態系の頂点に立ち、今日まで栄えてきた猛禽がサシバなのです。ですので、サシバは、日本の里山環境の豊さの指標といえる鳥なのです。

 子育てが終わった7月になると、巣立った雛と共にサシバは里山の水田環境から姿が見られなくなります。おそらく、8月の夏にはより標高の高い山地に移動し、昆虫を主な餌とした生活をしているのではないかと考えています。

集団で渡る

 8月末から9月の初めには、南への移動が始まります。サシバの秋の渡りは、時には大集団となって移動する点が特徴です。長野県内で特に顕著な渡りの集団が見られる場所が乗鞍岳の近くにある白樺峠です。東北や北陸で繁殖したサシバが北アルプス沿いに南下し、集合する場所で、同じく南に渡るハチクマ等の猛禽とともにそこからさらに南西方向に移動してゆきます。

 サシバの渡り集合地として日本で特に有名な場所が愛知県の伊良湖岬や鹿児島県の佐多岬で、天気の良い日には1日に数千羽のサシバが海を越えて渡るのを見ることができます。

里山環境の衰退と共に減少

 日本の里山環境に適応したサシバも最近は全国的に生息地が縮小傾向にあり、環境省のレッドリストでは絶滅危惧種のII類に指定されています。私が住んでいる長野県北部に位置する飯綱町では、20年ほど前に調査した時には10つがいほどが繁殖していたのですが、そのうち今年も繁殖がみられたのは1つがいのみでした。

 サシバの分布の縮小や繁殖数の減少には、最近の里山環境の衰退が密接に関係しているといわれています。日本の豊かな里山環境は、たえず人間が手を加えることで豊かな環境が維持されてきました。それが、過疎化の進行で人の手が十分に入らなくなった結果、自然の豊かさが失われてきているのです。

なかむら ひろし 1947年長野生まれ。京都大学大学院博士課程修了。理学博士。信州大学教育学部助手、助教授を経て1992年より教授。専門は鳥類生態学。主な研究はカッコウの生態と進化に関する研究、ライチョウの生態に関する研究など。日本鳥学会元会長。2012年に信州大学を退職。名誉教授。現在は一般財団法人「中村浩志国際鳥類研究所」代表理事。著書に『ライチョウを絶滅から守る!』など。

(月刊MORGEN archives2021)

関連記事一覧