• トップランナー
  • 多種多様な道を駆け抜ける先駆者の生き様、若者への言葉を紹介

沼口 麻子さん(シャークジャーナリスト)

サメへの情熱が情報を発信する仕事になって――

 沼口麻子さんは『シャークジャーナリスト』である。耳慣れないサメ専門のジャーナリズムは、一途にサメを想う気持ちの結晶だ。凶暴の化身のレッテルを貼られたサメ――それは専門家と一般人の間にある大河が生む誤解に他ならない。サメのため、社会のため、そして自分のために正確な情報を伝えたい……。情熱の源泉に迫った。

生き物好きが将来に結びついて

 ご出身は東京だそうですね。そう訊ねると、「そうです。東京の練馬区です」と答え、ひと呼吸おいて、生まれは岩手ですが、2歳か3歳の頃越してきてそれからずっと――、と付け加えた。

 花の都は、沼口さんの原風景だ。幼い頃、あまり友達と遊ばない大人しい少女は、日がな一日生き物図鑑と向かい合う。家の中には、縁日から持ち帰ったメダカや亀、金魚、ザリガニ、それに草っ原で捕まえた昆虫たちの入る水槽が、所狭しと並んでいる。どうしてかは分からない、だがなぜかはっきりと生き物が好きだった。

 中学生の時分には、街でピラニアが売っているのを見かけると、堪らず親にせがみ買ってもらった。大きめの水槽を用意し、生態を調べ、丁寧に飼育した。

 一方、学校では相変わらずおとなしい。友達とのコミュニケーションもそこそこに、動物が好きだから動物のカメラマンになろうか……、と自分と生き物を結びつけ将来を考えることもある。

 そんなある日、弟の友達の家族がジンバブエに転勤したという話を耳にした。ジンバブエは南アフリカの北に位置するアフリカ内陸の国。自然に恵まれ、象やキリンなど野生動物も多く生息する。生き物に会える! そう思うと遠慮も何も吹っ飛んでしまう。「どしても行きたい」そう両親に訴えると、一人分の航空チケットを用意してくれた。

 夏休み、16歳の少女は、ひとりアフリカ行きの旅客機に乗り込んだ。ロンドン・ヒースロー空港を経由しジンバブエの首都ハラーレへ。そこから友人の待つブラワヨに乗り換える。使える英語は「ハロー」一語。それでも乗ってしまえばなんとか辿り着く事ができた。

 よく一人で行かせてくれましたね、と驚くと、「友達の少ない私を両親は心配していたようで、できるだけやりたい事をやらせようと考えてくれて」と微笑んだ。

 父のマニュアルカメラを手に、少女は一心不乱にシャッターをきった。間近に接する大自然と野生動物たちはあまりに大きく美しい。それからというもの、少女は生き物の中でもとりわけ巨大生物に興味を惹かれるようになる。

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧