• ニュース

【推薦図書】『どうして海のしごとは大事なの?』

『船と海運のはなし』『島の博物辞典』など、様々な海の入門書を刊行する成山堂書店から、またひとつユニークな海の本が登場。島国の日本は、古来から海の恵みを受けてきた。それはグローバル経済下でも変わらず、輸入の実に99,7%が海上輸送である。そんな国を支える海事産業、その務めと役割を魅力たっぷりに紹介。海の仕事の奥行きを知りたいあなたにおススメの本。「海のしごと」編集委員会/編 成山堂書店/刊行 定価2,160円(税込)

最近のお知らせお知らせ一覧