田村 修さん(神奈川県立鶴見高等学校 図書館司書)

引っ越しは環境整備のチャンス環境整備は掃除から

 2018年に異動した。床のタイルははがれ、カーテンはボロボロ、書架の上には入りきらなくなった本が積まれていた。まずこれ以上はがれないようにタイルをテープで固定して掃除をした。そしてカーテンや色褪せたサインなどすべてをはがした。環境整備はまず掃除と古いものの廃棄からはじまる。

身軽になる

 8月にはプレハブへ引っ越す予定で、運ぶものを少なくするため本も廃棄した。書庫は物置のようで、バイオリンなどが放置され、中の資料は数年間誰も触れられた形跡がない。廃棄候補資料として一定期間廊下に展示し、教科でひきとるもの、図書館で残しておくべきものを教員にみてもらい、それ以外は2019年に耐震補強などをした現校舎にもどるまでに3500冊以上廃棄した。

資料主役のレイアウト

 物品・資料とも使えるもののみ残し、それでどう図書館を組み立てるかを考える。プレハブ校舎のレイアウトを考え、現校舎にもどってくるときの図面もひく。現状は机には主動線からアクセスしやすいが、館内をぐるりと囲んでいる書架には、机の脇を通らなければ行きづらい。貸出より自習の利用が多いのはそのせいかとも思う。

 利用者が資料にアクセスしやすく、机にたどりつく間にいくつかの書架を通って、思わず手を伸ばしたくなるような書架配置と展示方法を考える。

書架の更新も必要

 書架は来年80周年を迎えるその当初から買い換えしてないのでは、と思われる位古く、棚がたわんでいたり裏側などがカビている。耐震性も疑問だ。利用を増やすには蔵書を更新して棚の新鮮さを保つことが大切だが、利用者の安全で安心な「場」を提供するためには書架など備品の更新も必要だ。こうした機会に買い替えを検討する。書架や電源の増設などをまとめた要望書を作成し事務や管理職に見てもらう。予算がついたらすぐ手配できるよう様々なパターンの見積もとった。事務方の尽力で予算がつき、遊休物品の書架も手配して書架全体の3分の2位を更新することができた。

そして環境整備は続く

 引っ越しを終えてからも毎年のように書架の更新やレイアウト変更をしている。学校図書館サービスをきちんと行うためには、学校図書館を気軽にそして安心して利用でき、必要な資料が探しやすく、好奇心を喚起する「施設」として、そしてソファーでくつろいだり、ひとりで過ごす「居場所」として整備することが必要だ。さらに今後は様々な人が集い・交流したり、発表など自己表現する「広場」としても整備していきたいと考えている。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧