• トップランナー
  • 多種多様な道を駆け抜ける先駆者の生き様、若者への言葉を紹介
まとばゆう

まとばゆうさん(ピアノ芸人)

「手短に名作シリーズ」――名作アニメや名作映画のあらましをその劇中曲にあわせ、ピアノで短く弾き語るお笑いネタだ。鍵盤を操るのはお笑い芸人・まとばゆうさん。輝くティアラと電子ピアノがトレードマークだが、もっとも目をひくのはやはり自由自在の指先だろう。作曲も手掛ける俊英の紡ぐ音符のはじまりとは……。夢を生きる力を聞いた。

音楽と暮らした少女時代

 神奈川県横須賀市――大都市の喧噪に基地の異世界が織り混ざるどこか不思議な港町で、まとばさんは幼い時期を過ごした。公務員の父に専業主婦の母、優しい祖母……、穏やかに流れる時のなかで一人娘はのびのびと手足を伸ばす。

「少し人見知りはあったけど、音楽が好きで、人前に出るのも好きでした」

 そうはにかむ若葉の記憶のはじまりは、5歳から通いはじめたヤマハ音楽教室の光さす部屋、あるいは祖母の嗜む民謡、日本舞踊の調べだろうか……。いずれにしても家は音楽に満ちていた。音楽が好き――。ランドセルを背にしても、少女のそんな気持ちは一向に薄れなかった。

 小さい頃から運動は苦手だったし、ほかに目立った特技もない。それよりは得意な音楽の方がという気持ちもなくはない。それでもやはり「好きなものは好き」という思いが大きかった。

 中学にあがるとソフトボール部に入った。音楽はもちろん好きだが、なにしろ青春は一度きり。どうせならチャレンジをと飛び込んだのだ。が、生来の運動神経の鈍さは重くのしかかり、身体は思うように動いてくれない。星のめぐりも悪いのか、部員も次々に辞めてゆく。気付けば友人と二人だけ。キャッチボールしかできない状況に陥ると、ついに部は廃止された。

 高校に進むと、音楽への志向はいよいよ強くなる。将来は音楽の道へ――、そう口にすると決まって父が、「安定をとるべき」と割り込んだが、娘を応援する母の強力な援軍にやがて言葉を飲み込んだ。

 大学は日大芸術学部音楽学科に入学。作曲を中心に学びを進めると、そのまま大学院へ。そのころの憧れは作曲家・久石譲さん。ジブリから北野映画まで、楽曲提供にライブにと幅広く活躍する姿に理想の自分をなぞらえる。夢は「全国区の音楽エンターテイナー」……、しかし、しだいに自分は表舞台に立ちたいのだ、と気付きはじめる。もやの向こうの未来が新鮮な渦を巻き始めていた。

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧