三宅 倫太郎さん(島根県立大田高等学校 学校司書)

図書館を活用して学習を深める。地域を知る

 本校は世界遺産にも登録された有名な石見銀山のお膝元、島根県大田市大田町に位置する公立の普通科進学校です。3年後の2021年度には創立100周年を迎える歴史と伝統のある高校です。1学年4クラス、全校生徒は426名です。図書館の蔵書は約4万冊あり、郷土資料も充実しています。朝や昼休み、放課後に図書館で熱心に勉強する生徒の姿も見られます。

図書館活用教育~図書館を活用して地域を知り、地域に関わる

 図書館を使った授業も活発に行われており、保健レポート学習や課題研究、総合学習、科学と人間生活(ディベート学習)、美術、国語(ポスターセッション形式での発表)等の授業で図書館が盛んに使われています。6月からは1年生の地域探究学習もスタートしました。4人1グループに分かれて各班でそれぞれの決めたテーマについて図書館の資料等も使って調べて、プレゼンで発表します。

出張図書館~図書館は遠い!?では、近くに出張します!

 図書館はホームルーム教室から遠い別棟4階に位置しているため、生徒がなかなか気軽に立ち寄ることが出来ません。そこで、生徒昇降口前や玄関前、渡り廊下に出張図書館展示コーナーを設けました。6月は県総体のシーズンということもあり、運動部に関連した本の展示や総体結果の新聞記事のコピーを掲示しています。

朝読書の時間~読書離れに歯止めをかけよう!読書習慣をつけよう!

 生徒は部活や勉強が忙しく、なかなか本を読む時間が取れないのが課題です。昨年度の貸出冊数も伸び悩んでおり、どうやって読書に親しむきっかけを与えるか頭を悩ませていました。そこで、数年前から1・2年生を対象に、朝読書の時間を設けることにしました。期間は1学期、2学期、3学期、それぞれ10日間ずつです。実施後の生徒アンケートでは「普段読めない本が読めた」「こういった機会をもっと増やしてほしい」という回答がありました。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧