• Memorial Archives
  • 様々のタレントのいつまでも色あせない青春の頃を、MORGENのアーカイブより紹介する。

瀬戸内 寂聴さん(小説家・尼僧)

 令和3年11月9日、一人の巨星がこの世を去った。瀬戸内寂聴さん(享年99)は、長く日本の文学界を支え続け、その功績を讃えられて、1997年と2007年には文化功労章、文化勲章をそれぞれ受賞した。本誌に瀬戸内さんにご登場いただいたのは、2001年の10月、始動して間もない時期をこれもまた支えていただいたかたちだ。作家として、尼僧としてそして人間として……、激しく生き抜いた核のひとつ『源氏物語』インタビューを追悼をこめて「Memorial Archive」に掲載する。

初めて『源氏物語』を読んだのはいつ頃

 13歳、高等女学校に入ってすぐの頃です。与謝野晶子さんの現代語訳で、当時の私にはちょっと難しかったけど、文学少女だったからちゃんと古典と思って読みましたよ。それでいざ読み始めるとこれが非常に面白いものだから熱中して読みふけりました。内容が大長編恋愛小説であることはすぐにわかりました。

それから何度も繰り返し読まれたとか

 そうそう。与謝野さんので読んで、それからすぐ谷崎潤一郎さん訳が出たのでそれも読んで……、もうその頃になると少しずつ原文にもあたっていました。小説家になってからも時々読んでいたんだけど、そのころちょうど円地文子さんがまた源氏物語を訳されたものですから、結局3人の現代語訳を読むことになって。でもやっぱり最後は原文ですよ。

 出家してからはさらに徹底的に読みました。だけど、一般の人に「原文まで読みなさい」と言っても難しいし、とても読めませんよね。清少納言の『枕草子』は、文章が短いし、非常にわかりやすいからいいんですけど、『源氏物語』は主語がないうえにセンテンスが長いからとても難しいんですね。

読む時期や訳者が読み手に与える影響は

 『源氏物語』そのものはひとつですから、こっちが知らずにいてわからなかったものが、年齢や角度によって次第に深く分かってくるということじゃないかしら。

 たとえば私自身、出家してから読み通して改めて感じ方が変わったことがあって。というのも『源氏物語』に登場する女性の7割は出家しているんですよ。それまでは「そんなものかな」と思って何気なく読んでいたものが、いざ自分が出家して髪を落としたでしょう。そうするとやはりそれは実体験としてある種ショックなわけですよ。それを踏まえてあらためて『源氏物語』に向かうと、こんなにもみんな出家していったのはなぜだったんだろうとか、どういう心境だったんだろうというのを考え始めたんです。

『源氏物語』と仏門は深い関りがあると

 そう思います。当時の仏教――『源氏物語』の中に出てくる仏教は『天台宗』です。私も天台宗ですから、中尊寺で出家したときの式次第(進行プログラム)が『源氏物語』のラスト『宇治十帖』のヒロイン、浮舟が出家するときのものと同じなんですよ。それで紫式部はそれまでもたくさん作中で出家について書いてはいるんだけども、浮舟のときにはじめて詳しく書いてある。これはもう紫式部自身が出家したな、と感じ取ったんですね。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧