• トップランナー
  • 多種多様な道を駆け抜ける先駆者の生き様、若者への言葉を紹介

谷 正純さん(宝塚歌劇団 演出家)

女性だけで表現する制限、枷が宝塚の魅力

 『ベルサイユのばら』『エリザベート』。男装の麗人がステージを華やかに舞い踊る。芝居、ショウのフィナーレ、舞台中央の大階段でパレードが始まると、観衆の声援はひときわ黄色さを増す。谷正純さんは宝塚歌劇団の演出・脚本家だ。建築、映画……流転した若き日の夢、終着駅、宝塚で見つけたものは――スペシャリストに訊いた。

 谷さんが幼い時期を過ごしたのは、九州佐賀地方の片田舎。物心つく頃にはモノづくりが大好きだった少年は、家の周囲に豊かに繁茂する木々をくぐり抜け、小枝を拾っては時間を忘れて木彫り細工を削った。

 小学生になると、より緻密な組み上げに興味が向き始め、プラモデルに夢中になる。設計図をもとに丁寧にヤスリがけしたパーツを丹念に組み立てる――完成した模型を満足げに見つめる双眸は、いつしか将来の夢に建築家を捉えるようになっていった。

 小学6年のとき大阪に越した事もあって、大学は大阪の工業大学を選んだ。小さい頃からの夢を掴もうと講義を受ける充実の毎日……。だが、時が経つに連れ青年の中で変化が起こる。高校の頃から身のうちに沸き起った映画への傾倒が、どうにも頭の隅にこびりついて離れない。  大学3年になり、いよいよ気持ちを抑えきれなくなると、ついに半ば勘当同然に家を飛び出した。

 大学を辞め一路東京へ――。次の年に日大芸術学部映画学科を受験するや見事合格。怒る両親に頭を下げると、花の都での新生活を始めたのだった。

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧