山崎 健一さん(元教員・市民ジャーナリスト)

震災後の現状を伝える冊子作りに力を!

「むのたけじ地域・民衆ジャーナリズム賞」――、2016年、惜しまれながら逝去した不屈のジャーナリストの魂を継承しようと始まったコンテストだ。この賞は、地域に根差して発信を続ける個人・団体を表彰するもので第2回になる。

 優秀賞の山崎健一さんは、福島で教師をしながら、被災地ガイドのボランティアを続けている。その間、書き溜めた2束の冊子が評価を受けた。「大震災の報告メモ」「被災地の旅がいど」、地元、人生への強い愛情と、忘れてはいけない深い教訓に満ちた力作だ。福島に不撓の魂を訪ねた。

南相馬から避難、一枚の地図に始まった

 2011年の3月、川崎市に避難した。女房と娘、それに孫、一家4人が借り上げのマンションに入居し、そこで初めて避難者になった。生活を始めると、原発事故で非難する不条理にいてもたってもいられず、朝日新聞に投書したんです。新聞の掲載の当日、川崎市高津区のたかつ九条の会から「お会いしたい」と連絡が来た。きっと問い合わせて調べたのでしょう。行ってみると、南相馬の話をしてください、と言われて。自宅周辺のの近況は、当然、気になっていたから、逐一ネットでチェックをしていた。それを話すと、今度は「行ってみたい」という。それで急遽、レジメを作ることにした。だから最初は、福島県の地図一枚のプリントだったんです(笑い)。それがだんだんと口コミで広がるうちにプリントも増えていって。これまで被災地を案内した人は約千人にもなりました。

被災地のジャーナリズム

 ボランティアで福島の浜通りの案内をするようになると、いよいよプリントの枚数は加速していった。結局、総計53回、1000人を案内することになり、そのたびに情報の刷新をしては、福島の様子を発信し続けた。プリントの束は、2つの冊子に変わり、一つは福島の被災地旅ガイド、もう一つは、私が福島と歩んだ原発の記憶がまざまざと書き込まれた。実は、私は原発を作るときから見てきているんです。その当時の見学の様子から始まり、原発事故時の南相馬の光景、教え子たちの心の在り様、家族の姿を刻み込んだ。そこに、新聞や本で見聞きしたデータ、自身の投書を加える。それを8年に渡って続けた。決して事件を風化させてはいけない、そんな想いからだったんです。

被災地に立って見えること

 私のところに来るのは、基本的に口コミで知った人たちです。大型バスでやってくる人たちを、まずいわき市から案内する。案内をしながら思うのは、やっぱり外から眺めるのと実際にその場に立って見るのでは全然違う。人生観が変わると思うんです。特に、浪江町の小学校の様子とかね……。遠く、原発が見えるんだけど、事故の傷跡を色濃く残していて、慄然とする。あの場所にあることも、一層、事故の必然を感じさせる。今から53年ほど前、私は目の前に展開される福島第一原発の建設工事を見つめていた。35メートルの海岸段丘を25メートルも削り、残りの10メートルばかりの所に原子炉の建屋を作る。大熊町の夫沢の高台から眺めるそれは、恐ろしいほど不自然で、なんでこんなにも削るのか、という不安と疑念が渦巻いた。冷却水確保の容易さ、資材運搬の利便性のため――、説明は一見明瞭だったけど、やっぱりどう考えても、津波が来たらどうなんのかな……、という気掛かりは消えなかった。絶対おかしい、ずっとそう思っていました。でも、これは地元民はみんな少なからず感じていたことのようで、事故後、やっぱり……、と溜息を洩らした人は、身の回りにも一杯いたんです。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧