• トップランナー
  • 多種多様な道を駆け抜ける先駆者の生き様、若者への言葉を紹介
柳家わさび

柳家わさびさん(落語家)

修業時代は万事師匠のペース

 国民的バラエティ番組『笑点』――。そのスピンオフ番組『笑点特大号』の演目「若手大喜利」には欠かせない顔がある。柳家わさびさんは、老若男女に分かりやすく工夫された「落語紙芝居」を駆使し、お茶の間に新鮮な風を吹き込んでいる。落語は語り手から語り手へ遺伝子を受け継ぐもの。ただ演じるのではなく、作品に人間をしみ込ませたい――高みを目指す精神の原動力を訊ねた。

 

 わさびさんが生まれたのは母の郷里、福井県。産後すぐ一家は東京の北千住に居を移し、そこで5歳までを過ごした。その後、住まいが火事にあい沼袋に越すことになるのだが、いまも鮮やかに蘇る幼年期の原風景はこのころからのものだ。アスレチックが大好きで活発な少年は、力一杯太陽に向けのばす小さな手のひらとは裏腹に、生来の病を抱えていた。心室中隔欠損症――心室を隔てる壁に空いた小さな穴からは、微量だが通常より多くの血が流れ出し、僅かずつではあるが確実に弁に影響を及ぼしてゆく。「5キロ以上走っちゃいけない――」医者にもそう注意されているし、毎年の検査もかかせない。とはいえやはりそこは子ども盛り。心配する両親をよそに、少年は無心で公園のアスレチックに身を投じた。

 中学生になると少年マンガに夢中になった。1990年代、日本のマンガ文化は大輪の花を咲かせ、黄金期を迎えていた。世はまさにサブカルチャー全盛時代――その熱気の渦に心地よく酔いながら、少年はひたすらにマンガを書いた。もともと絵は得意だったということもある。大人になったら漫画家になりたいな……、新人マンガ賞応募ページをめくりながら時折そんなことも夢想する。高校では美術コースを専攻――。こう聞くと、いよいよもう漫画家一本とも思えるが、意外にもそういうわけでもなかったらしく、あくまでも漫画家は憧れ、高嶺の花と、出版社などへの持ち込みを考えることもなかったようだ。両親の離婚、そして母の再婚――少年期から難しくなりはじめた家庭環境は少年が夢を抱えることを容易には許さなかった。

 大学は日大芸術学部油絵学科を選んだ。とくべつ深い考えがあったわけではない。あえて言うなら流されるまま――。それでも、子どものころ見たテレビ番組『ゴールド・ラッシュ!』……画面狭しと暴れるお笑いコンビ『爆笑問題』に笑い転げていると、きまって風邪が治っていた。小さいころ、病弱で、よく風邪をひく子どもだった。そんな少年にとって二人は風邪を吹き飛ばしてくれるヒーローだった。そのヒーローと同じ大学に入った――そう思うと悪い気はしない。お笑いに導かれ入った学び舎……、そしてそこで、一生の仕事と出会うことになる。

落語に生きる

 その日は新入生に向けた部活の一斉紹介の日だった。入ると、すでに若い肉体で満ちる体育館には、芸術系の大学特有の空気が漲っている。そんな粘りつくその空気を切り裂くように、壇上にはマイクを握り司会を務めるひとりの先輩がいた。テンポ、間、メリハリ……、実に巧みな話術を駆使し、先輩は聴衆の耳をひきつける。こんな人がいるんだ――聞けば落語研究会(以下落研)の川上先輩(現在の春風亭一之輔)だという。落研ってこんなに面白いのか……、それまで落語と言えば、CDショップの片隅に演歌と並んでおいてある、その程度の認識だった。若者には縁のない老人の楽しむもの……。こうして青年は油絵学科から落研という異色の道に歩み込んでいった。入ってみると落語は実に新鮮な世界だった。ふだん書く油絵は、完成こそすれば作品は日の目を見るものの、ほとんどの面でいわゆる裏方の作業が続く。その点落語は、最初から自分自身が表舞台に立つのだ。その刺激、新しさ――若い心が完全に虜にされるのに時間はかからなかった。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧