野鳥と私たちの暮らし 第14回 喧しくさえずる鳥 オオヨシキリ

新緑の5月に訪れる夏鳥

 オオヨシキリは、スズメよりやや大きく、雌雄ともに薄茶色をした地味な鳥です(写真上:枯れたオオブタクサにとまり、大きく口を開けてさえずるオオヨシキリの雄)。日本の他、東南アジア一帯からロシア東部とインドを含む地域に生息しています。日本など北で繁殖するものは、冬にはフイリッピン、マレー半島、スマトラ島などに渡ります。長野市郊外の千曲川では、毎年新緑の5月初めに最初の個体が南から渡ってきますが、西日本ではやや早く4月中旬、北海道では5月中旬に渡ってくる夏鳥です。

ヨシ原に棲む

 オオヨシキリが住む環境は、河川、湖沼、湿地などにあるヨシ原です。この鳥が南から渡って来たことは、独特の鳴き声で知ることができます。渡来の時期には芽生えたヨシの背丈がまだ低いので、前年の枯れヨシや柳などの木にとまって、ギョギョシ、ギョギョシ、ケケシー、ケケシーなどと雄が盛んにさえずり始めます。その鳴き声の「行々子(ギョギョシ)」は俳句の夏の季語となっています。

 最初の鳴き声を聞いた後、ヨシ原で鳴くオオヨシキリの数は日ごとに増えてゆき、雄同士の争いも盛んになって行きます。各雄のさえずっている範囲がなわばりですが、密度が増えるにしたがって各雄のさえずる範囲は狭まっていき、その範囲から他の雄を排除しようとしています。最終的に落ち着くなわばりの大きさは、ヨシ原を含む直径30mから40mほどの小さなものです。

夜間もさえずる

 オオヨシキリの雄は、渡来当初には昼間だけでなく、夜にも盛んに鳴きます。その様子を1966年に当時信州大学の学生であった寺西けさいさんが24時間にわたって調査しています。それによると、さえずりは渡来当初のなわばり形成期に最も盛んで、7月6日には夕方の19時30分過ぎに一旦鳴きやんだ後、20時20分に再び鳴きだし、それから夜通し鳴き続け、この日の推定睡眠時間は50分間にすぎなかったとのことです。さえずりとさえずりの間隔が1分以内のものを連続的なさえずりとみなすと、一日24時間のさえずり時間の合計652分となり、一日の45.3%をさえずっていることが分かりました。夜間もさえずる意味は、多くの小鳥は夜に渡ってくるので、雄が夜にも鳴いて、雌に自分の存在をアピールするためと考えられています。

 オオヨシキリの大声のさえずりは、他の鳥のようにきれいな声とは言えません。それが渡来当初には昼も夜も鳴くのですから、その騒々しい鳴き声は昔から人々に嫌われてきました。小林一茶は、「行々子口から先に生まれたか」とこの鳥の鳴き声を皮肉っています。

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧