『中高生のための本の読み方』

作家、東海学園大学人文学部人文学科准教授・大橋 崇行さん

 今春、ひつじ書房刊行の『中高生のための本の読み方』。書名は一見、ただの読書案内のようだが、頁をめくれば目次は、理科、古典、音楽、現代社会……、小説ばかりを扱う従来のそれとは一線を画すつくりが広がる。著者の大橋崇行さんは、「小説以外の本があることを知らない子どもは意外と多い。娯楽だけでなく、こんな読書が将来必要になるよという入り口を作りたかった」と話す。人生と本の関り――、その奥行きをスペシャリストに訊いた。

読書離れが叫ばれています 

 中学までは朝の読書活動(以下:朝読)があるので、一応、最低限が担保されているんですが、それがどうしても高校で途絶えてしまうんです。一部、続ける学校もあるんだけれど、大抵の子はそこで一回切れてしまって中々続かない。他にも朝読で読んでいる本にも問題があって。例えば、ラノベ(ライトノベル)を読むのはいいんですが、それしか読まないとなると話は別で、そこから先のステップが踏めなくなる。そうすると、本来、身に着けるべきいろんなジャンルの本を読む力が蓄えていけないんですね。

読書案内執筆の経緯は

 朝読をしても、やっぱり嫌がる子に無理やりというのでは、どうしたって続かなくなります。もっと言えば、学校図書館の棚にある無数の本の中から一冊を選ぶというのが、実は子どもたちにとって凄く高いハードルなんです。自分が求める、自身のレベルに合った本を手にするのが、まず難しい。街に出ても、いま生き残ってるのは大資本の大型書店ばかりです。結局、並んでいるのは、図書館と変わらない蔵書の山なので、まずそこを解決する必要がある。子どもたちが最初に手に取る一冊を探せる読書案内があるといいのに……、そう思ったのが始まりです。

続きを読む
1 / 3

関連記事一覧