『「問う力」を育てる理論と実践――問い・質問・発問の仕方を探る』

千葉大学教育学部准教授・小山義徳さん

 今春、ひつじ書房から刊行された『「問う力」を育てる理論と実践――問い・質問・発問の仕方を探る』が、昨今のインターネット普及で価値の暴落した従来の暗記・知識伝達型教育から、知識活用型教育に舵を切る最新の学習要領の一助を画す格好である。その核に置く「問う力」は、単純な疑問符ではなく、思考を深め創造力を養うための自立思考のシステムだ。グローバリゼーションにテレワーク――、現代に求められる人材とは何か……、編者・小山義徳准教授(千葉大学教育学部)に話を訊いた。

刊行の目的、内容は

 いわゆる自立思考を促す教育書は、今まで特にビジネスの方面で多く出ていますが、そのほとんどが実践寄りで背景の理論に欠けていると思いました。その点、この本はその両立を狙って作っているので、そこが片手落ちになることはありません。ただその反面、若干の難しさを感じさせてしまうかもしれませんね。ともあれ、そこも各章ごとに専門家を配して実践と対になる背景理論を、できるだけ分かりやすく説明していますので、現場の先生方にはそこをうまく使って欲しいと思います。もし、内容と現実の状況に多少のズレがあっても、背景の理論さえキチっと押さえれば応用は可能ですので、本の進行通りに「実践+背景理論」のセットで進んで行ってもらえれば大丈夫です。

教育現場はどう対応を

 今までは授業で教師が発問していた部分を、今度は生徒たち自身で問いを作るように導く教育に変わるわけです。先生方からすれば、自分たちの受けた教育と違うものを生徒たちに教えることになるので、当然、最初は戸惑いはあるでしょう。ただ、従来の知識暗記型、あるいは伝達型の教育は、本書の知識活用型の教育と対立するものではないと思います。どちらかといえば、今回、新たに加わった知識活用型の土台となるのが、今までの知識暗記・伝達型です。つまり二つは完全に繋がっていて、どちらか一方でもいけません。従来の暗記型教育をやりつつも、それに加えて知識活用型の実践も入れていく、という認識でいいと思います。これについては、本書の第4章に「児童の問いに基づいた小学校道徳授業の展開――木下竹次と手塚岸衛の大正自由教育の実践を踏まえて」という好例があって、授業の前半は先生が生徒に扱う題材について解説をし、後半に児童にそれについての問いを作ってもらったり、その問いに基づいた話し合いを行っている。これはつまり、前半は従来の知識暗記・伝達型、後半に知識活用型をやっているわけで、やはり知識のインプットなしにアウトプットは出来ないということなんです。そういう意味で先生方は必要以上に身構える必要はないと思います。

知識活用型の導く未来は

 より良い社会に繋がっていくんじゃないかと期待しています。どうしたらもっとみんなが幸せになれる社会になるんだろう……、とか、そういう問いを考えられる人材作りにも貢献するんじゃないかと。そういう意味では、この本で書いた内容は学校教育が中心ですが、最終的には、社会に貢献できるような人材育成にもつながるのかなと思っています。範囲も、小学校から大学までカバーしていますので、思い思いに講習にあったページを開いてもらえればと思いますが、出来るならぜひ、講習にはない章も読んでいただきたいです。それを自分の学校、クラスに当てはめるという視点で読んで欲しいんですね。「イヤ、でも私は小学校の教師だから大学の実践は関係ない、高校の実践はチョット興味ないナ――」、ではなくて、それをどうにかして自分のクラスにも使えないかという目で見ていくと、先ほども述べた本書の特色「実践+背景理論」が必ず生きてきます。 ですから、まずはご自身に関係した部分を開いて、そこからだんだんと範囲を広げて読んでもらえればと思います。特に小中高の先生方を中心に読んで欲しいと作ったので、本書を手に取って、ぜひ一学期に一度は知識探求型の授業にトライしてもらえたら嬉しいですね。本の中にも書きましたが、子どもたちにとっても、探究的に学んだ方が頭に入りやすいというデータもあります。実際、海外では探求的な学習が随分広がっていますので、日本も頑張って欲しいと思いますね。

おやま よしのり 千葉大学教育学部准教授、博士(教育学)。研究テーマは質問生成スキルの育成・英語教育。著書に『基礎からまなぶ教育心理学』(編著)がある。

(月刊MORGEN archives2021)

関連記事一覧