野鳥と私たちの暮らし 第4回 草本の種子食に適応した鳥 カワラヒワ

卒論テーマに選んだ鳥

 私が鳥の研究をするきっかけとなったのは、信州大学教育学部に入学早々、戸隠探鳥会に参加し、戸隠の自然とそこに棲む野鳥に魅せられたことでした。当時、私が所属した研究室では、学生一人一人がそれぞれ別の種類の鳥を卒論研究のテーマに選び、それぞれの鳥のつがいの雌雄が巣造りから始まり、産卵、抱卵、育雛をどのように協力し子育てしているかを研究していました。 年生になった私が選んだのは、カワラヒワでした。この鳥は、スズメとほぼ同じ大きさの鳥で、スズメ同様にごく身近な鳥です。雄は体全体が緑色(写真上)、雌は雄より白っぽく(写真2)、どちらも飛ぶと翼の黄色い模様が目立ちます。白い大きな嘴もこの鳥の特徴で、英名はOriental Green-finchです。日本では北海道から九州にかけて繁殖していますが、北海道の個体は冬には南に移動し、沖縄では冬の時期に訪れる鳥です。

写真2 雄に比べ白っぽい雌

 最初の年は、この鳥のつがいの雌雄がどのように繁殖行動を分担し子育てをしているかについて調査しました。翌年からは、河原で群れている冬の間に多数の個体を捕獲し、足輪をつけて個体識別ができるようにし、年間通してのこの鳥の生態を調査しました。その結果、冬に河原で群れていたこの鳥は、春になるとその周辺にある村落に分散し、つがいごとに庭木に巣を造り、雛を育てた後、夏には農耕地で過ごし、秋から冬には河原での群れ生活に戻ることを明らかにしました。季節により生活する場所を変えていたのです。

草の実が主食

 3年間にわたる調査で分かったことは、この鳥は年間を通して草の実(種子)を餌としていることでした。秋から冬の時期に草の実を餌とする鳥は、スズメを初め他にも多くの種類の鳥がいるのですが、その多くは春から夏には昆虫食に変わり、昆虫で雛を育てます。それに対し、カワラヒワは繁殖期にもハコベやタンポポなどの草の実で雛を育てていて、草本の種子食に著しく適応した鳥であることがわかりました。

 3年間にわたる調査を終えた私は、卒業後もさらにこの鳥を研究したいと思い、京都大学理学部の大学院に進学しました。

全国各地を訪れて調査

 京都では、東山の南端にある桃山御陵とその周辺で調査を開始しました。まず分かったことは、この鳥は長野では庭木に巣を造っていたのですが、京都では盆地を取り巻く山地の林縁部でアカマツやスギ等の高い木に巣を造っていました。つがいになる時期は、長野では春先だったのに対し、京都では前年の秋でした。さらに、体の大きさは、長野より京都の方がやや小さいことなど、いくつかの違いに気づきました。これらの違いを理解するには、もっと広く見る必要がある。そう考えた私は、以後日本各地にも調査に出かけました。

 北海道の小清水原生花園では、海岸沿い砂丘で背丈1mにも満たないハマナスに営巣していました。また、繁殖の南限である鹿児島県志布志湾では、海岸沿いのクロマツ林に営巣しているなど、地域により営巣場所が異なっていたのです。その理由は、何なのか?私がたどり着いた結論は、この鳥は草の実で雛を育てることに適応した鳥なので、それらの餌が得られる場所が最重要で、その近くであったら営巣場所は背丈の低いハマナスでも、京都や鹿児島のように高い木の上でもよく、この鳥にとって営巣場所は二の次であるからだというものでした。

続きを読む
1 / 2

関連記事一覧