野鳥と私たちの生活 第6回 里山の豊かさの指標 サシバ

夏に訪れる猛禽

 サシバ(刺羽)という鳥をご存じでしょうか。カラスほどとの大きさで、体全体が黒褐色をした猛禽です( 写真上 枯れ木から獲物を狙うサシバ )。北海道を除く、本州、四国、九州の人里環境に生息する代表的な猛禽ですが、冬には東南アジアやニューギニアに渡って過ごす渡り鳥です。朝鮮半島、中国北部にも生息し、日本には3月末から4月初めに渡ってきます。この鳥は「ビックイー」という独特の大声で鳴きますので、その声で今年も渡って来たことを知ることができ、また生息を確認できます。

里山に棲む身近な猛禽

 サシバが繁殖する環境は、林に隣接して農耕地が広がる里山の環境です。山からの水が沢筋に沿って流れ下り、平たん地に出てからはその両側に水田の開けた環境が細長く続き、さらにその周りをスギやカラマツの植林地、コナラ等の落葉樹の林が取り囲んだ谷津田と呼ばれる環境が、サシバの典型的な繁殖環境です。

 今から20年ほど前になりますが、信州大学の私の研究室の学生たち、それに長野県内で猛禽を研究している人たちと一緒にサシバのほか、ノスリ、ハチクマ、ツミ、チョウゲンボウ、トビといった里山の猛禽類の生態について、集中的に調査したことがあります。

多様な小動物を餌に

 調査してまず分かったことは、サシバのつがいが行動している範囲は、意外と狭いことでした。つがいの雌雄が生活している主な範囲は直径600mほどで、遠出をした時を含めても1㎞の範囲内にほぼ収まっていました。

 新緑の5月になると、農耕地に接した林のスギやカラマツ、アカマツ等に巣造りを開始し、3個から5個の卵を産み、温めます。巣の大きさは、ハシボソガラスの巣とほぼ同じで、比較的小さなものでした。卵を温めるのは雌で、雄は1時間に1回ほど巣にいる雌に餌を運び、与えていました。

 サシバの巣のいくつかに小型ビデオカメラを設置し、卵を抱く様子や孵化した雛の子育ての様子を録画しました。それにより、巣にいる雛に運ばれてきた餌の内容は、実に多様であることが分かりました。最も多かったのは、両生類のアマガエルなどのカエル類、次にトカゲ類やヘビ類といった爬虫類、さらにクワガタ類やバッタ類、セミ類といった昆虫類が多く、ハタネズミなどの小型哺乳類、時にはスズメの雛といった鳥類も少数ですが運ばれてきました。巣に運ばれてきたヘビ類には、マムシも含まれていました。嚙まれずにどう捕えているのだろうか?

 サシバの餌の捕り方は、開けた環境に接した林の縁にある高い木の梢や枯れ木にとまり、地上で動く獲物を見つけ、飛びついて捕えるという方法が一般的でした(写真2)。雛がまだ小さく白い産毛に覆われている時期には、雌が巣にとどまり、雄が巣に運んできた餌をちぎって与えていましたが、雛が成長し黒い羽毛で覆われる頃になると、雌雄交代で餌を巣に運んできて、そのまま雛に与えて飛び去りました。

 サシバの雛数は他の猛禽に比べ多いので、雛が成長した段階では親の運んできた餌の取り合いと奪い合いが狭い巣の上で激しく展開されました。ヘビの場合には、雛同志が両端を引っ張り、奪い合うこともよく見られました。

写真2 水田でカエルを捕えたサシバ
続きを読む
1 / 2

関連記事一覧